disposal-bike

バイク処分をするために必要なこと、方法について解説

バイク処分をするために必要なこと

バイクを処分する際は、車体の処分方法について決めることが先決です。そして、処分方法別に定められている廃車手続きも行います。この2つを行うことでバイクの処分が完了します。廃車手続きと言えば、バイクそのものを破棄するイメージがあるかもしれませんが、実はナンバープレートの返納手続きを指します。
ナンバープレートの返納手続きは、バイクの種類(排気量)によって行う場所が異なるため注意が必要です。誤った場所に手続きに行くと無駄足になるでしょう。

バイクを処分・売却する「5つの方法」

①買取会社への売却

価値があるバイクであれば、買取業者に売却することができます。希少価値のあるバイクであれば、予想以上に高値で売却できる可能性もあります。長期間放置していたり故障していたりするバイクは買取不可と思っている方もいるかもしれませんが、バイクの状態次第では売却可能です。

車において、水没車や事故車であっても買取できるように、バイクも大きなトラブルが起きていたとしても買取できる場合があります。ぼろぼろなバイクは、つい廃棄処分しようと考えがちですが、廃棄よりも買取を選んだ方が処分費用を抑えられます。

そのため、バイクの処分を検討する際は、売却できるかどうかを最初にチェックすることが大切です。なお、買取業者の種類によって買取価格が変動します。バイク買取専門業者は豊富なノウハウを持っているため、高値で売却できる可能性が高いでしょう。

また、バイクの廃車手続きは平日に進める必要がありますが、専門業者は手続きを代行してくれるため、平日・休日を気にする必要はありません。手続きが面倒な方にもおすすめの処分方法です。

②指定引取場所での処分

公益財団法人「自動車リサイクル促進センター」が採用している二輪車リサイクルシステムにより、バイクを指定の引き取り場所へ持ち込むことで、処分してもらえます。指定引き取り場所は全国約170ヶ所にあるため、どこにお住まいの方でも問題なく持ち込めるでしょう。
ただし、バイクを運搬するための車両が必要です。自宅に引き取りに来てもらうことはできない点に注意しましょう。なお、リサイクル料金は無料のため、持ち込むことができるのであれば、最も費用を抑えられる処分方法と言えます。

注意点は、引き取り場所に持ち込んだバイクが対象車両ではない場合、持ち帰る必要があることです。どれだけ時間をかけて持ち込んでも、引き取り対象でなければ対応してもらえません。また、サイドカーや電動自転車、バイクのパーツ、バッテリーなども対象外です。
これらは、バイクと近しいものであることから、一緒に処分してもらえると思い込みがちなため注意が必要です。

③廃棄二輪取扱店での収集

廃棄二輪取扱店とは、廃棄するバイクを自宅や指定の場所に引き取りに来てくれる業者です。一般社団法人全国軽自動車協会連合会のWEBサイトで廃棄二輪車取扱店を検索できます。自宅への引き取りを依頼すると、数千円~10,000円程度の費用がかかります。

④廃車専門業者での収集

廃車専門業者は、バイクを無料で回収してくれます。壊れて動かないバイクを処分したい、店に持って行くことが難しいといった場合に便利です。廃車専門業者がバイクを無料で回収できるのは、そのバイクから利益を得られるためです。例えば、海外で販売したり使えるパーツや部品を再利用したりします。

買取業者と同様に廃車手続きまで代行してくれる場合があるため、手っ取り早く処分から諸手続きまで済ませたい方におすすめです。

⑤不用品回収業者での処分

不用品回収業者は、バイクに限らず家具・家電、楽器などを回収している業者です。バイク本体に加えてヘルメットやグローブなども処分したいときは、不用品回収業者に依頼すると一度で回収してもらえます。また、自宅の不用品も回収可能なため、大掃除や引っ越しなどのタイミングで不用品が出たときにまとめて依頼するのもよいでしょう。

不用品回収業者の営業時間はさまざまですが、中には24時間対応の業者もいます。生活スタイルの都合で日中の対応が難しい方にもおすすめです。

当社では処分、買取どちらにも対応!

バイクを処分する際は、業者を探したり費用を確認したりと、さまざまな対応が必要です。また、手続きにも時間と手間がかかります。忙しくて対応が難しいときは、手続きを代行できる業者を選びましょう。バイクを早く処分することは税金面で損をするリスクを抑えられたり、売却する際は高値がついたりすることが期待できます。
この機会に、ご自身に合った処分方法を見つけて、業者に早めに相談しましょう。

当社では処分、買取どちらにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Contact

お問い合わせ

バイク処分に関するご相談
廃バイク買取ライトナウへ!

買取の可否は関係なく、親身にご相談を承ります。
ご不明点などございましたら、お気軽にご連絡ください。


    • LINE
    • Twitter

ページトップへ戻る