静岡市から原付の無料の廃車処分の依頼で訪問!スズキストリートマジック

2016年 5月 9日

DSCN0091静岡市駿河区 原付 スズキ ストリートマジックを無料廃車しました。

スズキ・ストリートマジックはかつてスズキが製造していたオートバイである。
排気量が50ccのストリートマジック50と、110ccのストリートマジック110が存在していた。

車名にはストリートで走り回る「イエローマジック」(イエローマジック:スズキのモトクロッサーのキャッチコピー。)の意味で、機敏に動き回る新しい乗り物という意味で名付けられた。

ストリートマジック50は1997年2月に発売され、ロードスポーツ車に似せた外観を持ち、50cc2ストロークエンジンとVベルト式無段変速機を装備しており普通のオートバイとは異なったモデルである。国産唯一のAT操作のオートバイであった。7.2psという最高の出力を誇る。

大き目のタイヤを装備し、ブレーキはフロントが油圧式ディスク、リアが機械式リーディングトレーリングとなっている。

同年6月にはオフロード寄りの装備をしたストリートマジック50Ⅱが追加発売され、ライトが角目から丸目に変更され、ライトガードやリアキャリアなどが新たに装備された。

発売以来装備の外装や装備の変更などでマイナーチェンジを繰り返しては売り出したが、2006年11月に販売終了となった。

ストリートマジック110とストリートマジック110Ⅱは共に1998年に発売された。
すでに発売されていた50cc版とほぼ共通の車体だが、エンジンはアドレス110にも使われていたものを流用して搭載した。しかし、こちらは50ほどの人気がなかったため販売期間は50よりも短かった。