廃棄車の処分は「買取」の方がお得です!バイクオフ静岡へ!レッツⅡ50

2016年 6月 29日

DSCN0437静岡市清水区 原付廃棄車 スズキ レッツⅡを無料廃車しました。

スズキ レッツⅡは1996年に発売されたバイク。
レッツシリーズのうちの一種である。

先に発売されたレッツとは異なりスタンダードタイプのバイクであったが、当時バイクの販売台数が減少していたことから値段を9万円台に設定し、比較的に安めの価格で販売したところレッツよりも売れた。

後にディスクブレーキ装備仕様車のSや座席位置を低くしたローシート仕様車のLも発売されている。Lとスタンダードにはコンビネーションブレーキ装備仕様車も発売されている。
1999年にはモデルチェンジを行い、スズキのラインナップ整理を受けて主力モデルの一角と位置づけられ、また同年施行された平成10年自動車排出ガス規制対応による装備強化(および標準装備の充実化)によってこれまでの廉価路線から一転し他車モデルとの競合価格帯程度まで販売価格が引き上げられた。このとき、スズキはレッツツーに限らず多くのモデルで販売価格の引き上げを行っている。

その結果ユーザーに受け入れられずこれまでの人気を博したモデルから1点、レッツツーの売り上げは低迷してしまい不人気モデルになってしまった。
翌年には同ベースのスポーツタイプであるZZが発売された。

2003年にはマイナーチェンジを行い、価格の高騰による販売低迷の打開策として従来の低価格路線へ方向転換した。チョイノリ同様車体部品の大幅な削減を行い、同時に標準装備も簡素化し国内生産車ながら販売価格を10万円強程度に設定し直したことから再びユーザーに受け入れられた。