袋井市/不動車の処分は「買取」だからバイクオフ静岡がお得!シグナス

2016年 6月 19日

DSCN0240静岡県袋井市 廃車バイク ヤマハ シグナス125を無料廃車しました。

シグナスは、ヤマハ発動機が販売しているオートバイである。
正式型番はXCで、「シグナス」には「白鳥座」の意味がある。

シグナスは、1982年に数十年ぶりに軽二輪規格車として発売された。
4ストロークエンジンは静粛性に優れ、171ccの排気量で15馬力の性能を発揮し、高速道路を用いた長距離移動やツーリングを可能とした。

しかし、搭載した空冷OHVエンジンはカウルでフルカバーされたことにより排熱しづらいという弱点が露呈し、世相から大型バイクが評価されることもなく、販売結果は乏しくなかった。北米ではRIVA180として販売されていた。

CYGNUSは1984年に発売され、正式型番はXC125でありエンジンは124ccの排気量である。
ほとんど曲線部分がない特徴的なデザインを持つ車体であった。
特に人気があるという車両ではなかったがロングセラー商品となり1988年にマイナーチェンジを行ったのみで10年以上発売され続けた。

1955年にフルモデルチェンジが行われ、正式型番はXC125Tとなり以降現在までシグナスはすべて台湾の現地法人である台灣山葉機車工業が生産し、日本では正規輸入の形で販売されることになった。デザインは大幅に変更されて丸みを持つようになったが、販売は振るわなかった。

後にCYGNUS Dが発売され、先に発売されていたXC125Tの上位モデルとの位置づけで、前輪にディスクブレーキが装備されヘッドライトをフロントか売るに装着させたデザインとなっていた。