浜松市西区まで、処分バイク、廃車手続きも無料で!ホンダベンリー50

2016年 6月 3日

DSCN0239浜松市西区 廃車処分 ホンダ ベンリー50を無料廃車しました。

ホンダベンリーは、本田技研工業が製造販売するオートバイ。

50ccクラスのロードスポーツ車は、1960年にOHVエンジンを搭載するスポーツカブC110がラインナップされていたが、1965年にスポーツカブCS50へモデルチェンジを実施した。

さらに1967年の2月のモデルチェンジで車名をSS50に変更している。
この際にベンリーのシリーズ車名が冠せられた。

カブ系横型エンジンに高圧縮型ピストン・ハイカムシャフト・大径キャブレターで最高出力6ps/11,000rpmまでチューニングし、同社の50ccクラスでは初めてリターン式5段トランスミッションを組み合わせたスーパースポーツタイプである。

1971年には縦型エンジン搭載のCB50にモデルチェンジされ、生産中止となった。
レビューでは「低燃費なので経済面で重宝する」「横型エンジンで運転しやすい」などの使用面での評価、デザインについて高く評価されている。

一方で燃料計がないのは不便だといわれている。さらに、原動機付きなのでスピードを求める人にはあまりおすすめできない。
カスタムをしている人の中には耐久性の維持と熱の対策のためにオイルクーラーを使用している人もいる。

カブと同型のエンジンを搭載しているため、消耗品を取り替える以外であればメンテナンスフリーで扱われるため楽である。
エンジンが丈夫な上耐久性に優れ、バイク初心者や機械が苦手な人にもおすすめの一台である。