浜松市/動かない回収処分は「無料」だからバイクオフ静岡がお得!ZZ

2016年 6月 9日

DSCN0343浜松市北区 原付処分 スズキ ZZ50を無料廃車しました。

スズキ・ZZは、かつてスズキが製造発売していたオートバイ。

ZZは2000年3月から発売が開始された(公式上は4月1日発売だが、実際は3月下旬から市場に出回っていた)。

セピアZZからの7.2psエンジンを受け継ぐとともに、INCH UP SPORTというサブネームが冠されている通り
軽量でシャープなデザインの12インチ6本スポークのアルミ製キャストホイールを前後輪に装備(一般的な50cc原付は10インチのスチール製ホイールを装備している)していることによるルックスのよさと、直進安定性の高さが最大のアピールポイントになっていた。
それに加えてサスペンションもショーワ製のゴールドアルマイト処理がされたものを装備して性能と共にファッション性も向上させたほか、シリーズの伝統である前輪ディスクブレーキ、リアウィング、ハイマウントストップランプも装備されるなど、「走り」と「見栄え」を高いレベルで両立させていた。
50ccクラスの車両としては非常に豪華で充実した仕様ではあるが、その分定価は税込みで約19万円、実売価格でも新車の場合15~17万円程度と価格も上昇してしまった。

また、スズキZZは開発段階ではレッツⅡRであった。
50ccクラススクーターで2ストローク7.2馬力エンジン搭載車であり、全体的な走行性能も高い。特に足回りに関しては125ccクラスレベルといっても過言ではないほど評価が高く、走行嗜好者を中心に人気の車種であったが自動車排ガス規制強化に伴い2007年8月31日をもって生産終了となった。