☑静岡市駿河区

静岡市へお伺いして、廃棄バイク「原付」を買い取りしました!ヤマハエボ

2016年 8月 30日

DSCN0707

静岡市駿河区にお伺いしました。やまはJOGZRエボリューションの不動廃棄バイク(原付)を買い取りました。同時に廃車手続きを無料代行も行いました。かなり無茶な走行していたみたいで擦り傷や凹みが酷いバイクでした。「もう乗れないバイクだから片付けていただきたい。買い取っていただて、廃車手続きもやっていただけるなら、なお嬉しい」・・・と喜んでいただきました。ありがとうございました。

静岡市:処分バイク、無料回収より買取りの方がお得!スーパーカブ

2016年 7月 30日

DSCN0549

本日は静岡市駿河区に処分バイクの買取りにお邪魔しました。ホンダスーパーカブ90でした。「親父が無くなって形見で置いたままでしたが7回忌が過ぎたから、もう片付けてもいいかな、と思って電話をしました」…と仰っていました。ありがとうございました。

『駄目になった』廃棄処分車でも「買取」ます!バイクオフ静岡へ!スペイシー

2016年 7月 5日

DSCN0476静岡市駿河区 廃棄スクーター ホンダ スペイシー125を無料廃車しました。

ホンダスペイシーは、かつて本田技研工業が製造していたバイクである。
スペイシーはシリーズ車種として販売されており、3代目まで続いた。

スペイシー125は1983年3月に発売された。型式名はJF02。
正式車名はスペイシー125ストライカー。

『詳 細 へ』

【静岡市駿河区】原付の廃車、無料処分に訪問!ヤマハJOG

2016年 5月 23日

DSCN0119静岡市駿河区 廃車原付 ヤマハ JOGを無料廃車しました。

ヤマハJOGは、1983年にヤマハ発動機より発売された若年層をターゲットにしたオートバイである。

1989年の第三世代モデル(CY50型)は、新採用のメットイン機能と共にイギリスの人気バンドのブロスがCMに出演したことでお馴染みになった。
日本のメーカーがもっとも長く継続生産しているバイクシリーズとして2010年代の現在も数種類が生産されている。

『詳 細 へ』

静岡市から原付の無料の廃車処分の依頼で訪問!スズキストリートマジック

2016年 5月 9日

DSCN0091静岡市駿河区 原付 スズキ ストリートマジックを無料廃車しました。

スズキ・ストリートマジックはかつてスズキが製造していたオートバイである。
排気量が50ccのストリートマジック50と、110ccのストリートマジック110が存在していた。

『詳 細 へ』

静岡市へお手伝い、原付の廃棄車を無料で、廃車手続きも!ホンダDIO

2016年 5月 2日

DSCN0079静岡市駿河区 原付 ホンダ DIOを無料廃車しました。

ホンダディオは、本田技研工業が製造販売しているオートバイ。
1988年の発売からシリーズ車種として多数の派生モデルが登場している。
2007年10月発売の50cc現行モデルは第六世代にあたる。

『詳 細 へ』

静岡市から依頼。原付の廃車無料処分をした!ホンダDIO

2016年 4月 24日

DSCN0042静岡市駿河区 廃車原付 ホンダ DIO

ホンダDIOは、本田技研工業が製造販売するバイクの一種。

1988年1月に発売してから、シリーズ車種として多数の派生モデルが登場している。
2007年10月発売の50cc現行モデルは第6世代にあたる。

初代から3代目のモデルには、空冷2ストロークエンジンが採用され、4世代目では水冷4ストロークエンジンへと変更された。
2003年から廉価版という位置づけで、同じく廉価商品であったトゥデイと同様に中国の新大洲本田で生産し、空冷エンジンを採用した5代目モデルも誕生し、一時期は4代目と併売されていたことがある。

また、AF18とAF27は韓国の二輪メーカーデーリムモーターにおいても生産されていた。

ディオは3代目からは派生車種として、前かごを装備しライトとウインカーをフロント下部に装着させたディオチェスタも発売され、6代目まで継続モデルとなっている。
1997年には2代目ベースの派生車種であるディオフィットも登場したが、こちらに関しては生産が終了している。

初代から3代目にはディスクブレーキを装備したSR、2代目から3代目にはディスクブレーキに加えリアスポイラーが装備され馬力がアップされたZX、同様にZ4というスポーツグレードがラインナップされた。

なお、ホンダ製の燃料噴射システム「PGM-FⅠ」がスクーターに搭載されたのは、スマートディオZ4での採用が初である。

2代目にはSRやZXのほかにオフロードモデルXR BA JAをイメージとしたディオXRバハもラインナップされている。

静岡市駿河区へ、原付無料処分と廃車無料手続きに。スズキアドレス

2016年 4月 10日

DSCN0017静岡市駿河区でスズキアドレスV50を無料廃車しました。

スズキアドレスV50は1980年にスズキが製造販売していたバイクで、アドレスV50のエンジンはスズキが独自で製造、開発したエンジンになる。
初代、アドレスV50は1980年代後半に出されたバイクで当時は小型エンジンを製造する事が難しかったが、スズキはこのバイクに独自の小型エンジンを導入した事でとても話題になったと同時に、このバイクがスズキを代表する原付バイクになったとしても評判をよびました。

小型エンジンになったおかげもあり、車体全体もコンパクトになり2015年頃にはアドレスV50のモデルをフルモデルチェンジを行い、モデルチェンジを更に改良したとして再び話題になりました。

『詳 細 へ』

静岡市・乗れない、引取りバイクは無料より買い取りがお得!ホンダトゥディ

2015年 9月 24日

DSCN1671静岡県静岡市駿河区 原付き ホンダ トゥディ

トゥデイ は、本田技研工業が生産しているスクーター。2002年に初代が発売され、現在は2代目が生産・販売されている。

初代トゥデイは2002年7月に、当時の他の車種が13万円以上する中、94,800円(税抜)の低価格でデビューした。この価格設定は、機能・装備の簡略化や、製造を中国で行う事で実現した。

ただし、中国生産に伴う品質管理に問題があり、一車種としては異常ともいえる件数のリコール・改善対策が行われている。

静岡市/乗れない、処分バイクは無料より買い取りがお得!ヤマハアプリオ

2015年 8月 23日

DSCN1612静岡県静岡市駿河区 原付 ヤマハ JOGアプリオ

アプリオは、JOGの兄弟車種として1993年にヤマハ発動機より発売された、主に若者層を対象としたスクータータイプのオートバイ。

当時のJOGに装備されていなかった集中メットインキーや、大型の燃料タンクなど実用性に長けた装備を持っており、JOG-ZRと同一の7.2psのエンジンを搭載したAprio TYPEIIや、フロントブレーキをディスクにし、若干スポーツな味付けに留めたAprioEXなどの派生モデルも存在する。

なお現在は車種の整理を受けるかたちで販売が終了されている。